2012年03月10日

大相撲三月場所

dohyou01.jpg
 田蓑神社では、春には大きな行事もなく、少ないながらも椿から梅、桜、八重桜と花の移り変わりを
楽しむ静かな日常が続いている頃なのですが、ここ20年は、大相撲三月場所の際の玉ノ井部屋の
宿舎としてご利用いただいて、境内には早朝より、力士たちの稽古の音が響き、
相撲ファンの方々の姿が見られる日々が続いております。
 地域の方にももう少し、親しんでいただければと思いますが、当初は話題になり周知のことと
思っていましたが、すでに20年、最近ではこちらで練習等をしていることをご存じでない方も
いらっしゃるようですね。今後は、地域の皆様にもっと応援いただけるよう、知恵を絞りたく思っています。

 さて、明日いよいよ春場所が始まります。
今日は前日とあって、「触れ太鼓」がまわってこられました。
触れ太鼓とは、呼出さんが初日の取組を触れ歩きながら打つ太鼓です。
他に、本場所の早朝に打つ「寄せ太鼓」、本場所の全取組の終了後に打つ「はね太鼓」などがあります。
太鼓を打ち、初日の取組を口上します。
fure01.jpg
ちなみに、呼出さんとは、相撲の取組の際、ひぃがぁ〜しぃ〜〜〇〇〇、にぃ〜しぃ〜〜〇〇〇と、
両力士をまさに「呼び出す」あの人たちです。とっても「えぇ声〜」です。
(身近に聞くことが出来る機会なので、初日の前日の見学は狙い目です。
ただし、各部屋をまわって来ますので時間などは?です)

 今場所の玉ノ井部屋では、二人の関取がいます。十両(東6枚目)に芳東さんが黒海との取組、
そして幕内(西前頭十二枚目)の富士東さんが大道との取組が、口上に取り上げられますので、
その度に他の力士、ファンから拍手が上がりました。
fure02.jpg
 そして、これより初日を前に、全力士参列のもと勝ち越しを祈念し、必勝祈願祭を執り行います。
弥が上にも盛り上がる、初日前日の稽古部屋。
明日より15日間、玉ノ井部屋の力士たちの応援
よろしくお願いいたします。
posted by 平岡ぐーじ at 12:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: