2011年09月28日

熊野那智大社の境内地土砂撤去作業

9月26日、神道青年近畿地区連絡協議会の主催で、
過日の台風12号により甚大な被害を受けました
熊野那智大社の境内地土砂撤去作業に参加してまいりました。

関連記事:http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20110926-OYT8T01258.htm

本殿御垣内に流れ込みました土砂の撤去作業にあたりました。
本殿は五殿まであり、第五殿の方より土石流が流れ込んでおり、
第一殿の方までながれこんでおりました。
結果、第五殿のほうから高く山積し、大きな石(岩)も見られました。
第一殿方より順次土砂を撤去してまいりましたが、その御殿の床は
私の肩ほどあるのですが、第五殿の方は、そのあたりまで埋まっております。
もちろん、木造のため、埋まったままでは腐敗の恐れもあるでしょう。
一刻も早く撤去をと心ははやれど、一殿二殿と作業を進め、三殿の辺りになると
土砂の中に、多くの石が混じりスコップの入りも悪く、土砂の嵩もどんどん高くなり、
小雨の中での作業もあり、なかなか前に進まなくなり、予定の終了時間を迎えてしまいました。
体の疲労と、作業の困難さに、力のなさを実感いたしました。
その後、滝の現状に更なる衝撃を受け、帰路につきました。

災害の恐ろしさ、復興の困難さを目の当たりにし、日日の平和に更なる感謝の念と
自然の偉大さを改めて実感した一日となりました。

最後になりましたが、受け入れしていただきました熊野那智大社、和歌山県神道青年会の皆様、
手続きいただきました大阪府神道青年会の津守会長をはじめ近畿出向役員の皆様、一緒に
頑張った皆様、そして何より車を運転いただいた西野様、本当にありがとうございました。



以下の「中外日報」の記事中の写真に、恥ずかしながら
写っておりますので、ご紹介いたします。
といいますか、この写真より被害の状況を説明いたしますと、
写真の建物に欄干が見えると思います。
手前の人(私)は土砂の上にいますのが、写真奥の人の頭が、
その欄干の高さであることが分かると思います。
被害の深刻なところは、この欄干まで土砂(岩まじり)で埋まっています。

〈記事リンク〉

こちらの記事は9月26日のものですが、10月6日にもお邪魔いたしました。
運び出した土砂の置き場にも困るという困難な状況にありました。
神道青年会やそのOB、氏子青年会、神宮、皇學館大学の学生なども支援に
駆けつけているようです。
まだ奈良の方には、手つかずの被災神社もあることでしょう。
これからも、みなさまのご支援をよろしくお願い申し上げます。
posted by 平岡ぐーじ at 00:46| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
お疲れ様でした(^^)
また来月も入られるとのこと、よろしくお願いします^^;
Posted by みなみぼうじょう at 2011年09月28日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: