2011年09月23日

竹田恒泰最新著書

さて、竹田恒泰氏の最新著書をご紹介いたします。
いつものことではありますが、「大変読みやすい」と
私の周りでも好評を得ております。



大変読みやすい本ではありますが、もしかしたら、これは読む方によっては「目から鱗」と
いった感想を抱く方もいらっしゃるかとは思います。
よろしければ、ご感想をお聞かせいただければとも思います。
posted by 平岡ぐーじ at 21:06| Comment(0) | 日記

大阪竹田研究会

 先週16日、月例の大阪竹田研究会が開催されました。(於:大阪府社会福祉会館)

 内容については、こちらで申し述べることはご遠慮申し上げますが、
主テーマとして「古事記を学ぶ」ことにありますが、
いよいよ教材としておりました、氏の新著、現代語古事記が発刊され
ましたのでここに紹介いたします。




 古事記については、今更ながらに説明は不要かとも思いますが、
実際のところ、手に取り読んだことのある方は少ないのではないのでしょうか。
(私も、神職としてその研究と修養に努めなければならないのですが、
 日々の庶務に怠っている現状です。)
そこで、特に一般の方が気軽に読むことのでき、かつ著者の偏った解釈が介在しない
現代語の古事記が必要と、氏が力を注いだのが、この「現代語古事記」です。
古事記は、我々日本人にとって、西洋人の聖書に並ぶ、必読の書であるはずです。
しかしながら、戦後のGHQ下の政策により、その価値がゆがめられ、
主権の回復後も、その復権がなされておりません。
来年平成24年は、古事記が編纂されて1300年の佳節にあたります。
今年、この「現代語古事記」を読んでおきましょう。

大阪竹田研究会は毎月開催されていますので、氏の著書をご覧いただき、
ご興味がございましたら、お声掛け下さいませ。
posted by 平岡ぐーじ at 20:56| Comment(0) | 日記